ご飯なはなし

作っているお弁当とか料理とかどこでなに食べたとかそんな感じ

タグ: thermos

Thermos Easy Smoker

先日(と言ってもすでに数か月も前の話ですが)、友人の友人のバーベキューに誘われてその時スモークもやっているのも見てうちでもできないかなぁ?と思っていました。そこで見つけたのがThermos製のこの製品。Thermosの他製品の例に漏れず保温調理が基本です。
簡単ですが調理方法を。
1. 鍋に食材を入れ火にかける
2. チップから煙が出たら一定時間弱火で加熱
3. 鍋を保温容器に入れて所定の時間保温
と言う感じで簡単に調理できます。
購入時にサクラチップが同梱されているので、すぐにお試しできます。
また、石も付いているの石焼料理もできます。レシピには石焼き芋しかありませんが私は肉も焼きます。ただし燻製も同様ですが煙が蔓延したり、匂い(敢えて臭いと書きません)もしばらく残りますので室内で利用する際はご注意ください。私は保温容器に入れたらベランダに放置していますが、逆にご近所さんにはそっちの方が迷惑だったり。でも自宅で簡単に燻製を楽しめるのでホント重宝しています。同梱されているサクラチップは小量なんで先日1.5kgパックを 通販で 購入。購入前はなんも考えず使いきれるだろうと高をくくっていましたが実際の量をみてドン引き。よく考えたら1回に使う量が多くても10gだからこの量だとすべて消費するのに最低150回かかるわけで、1年で償却するならほぼ2日に1回使わなければならないと言う始末。いや、それは無理だということで友人におすそわけしました。さて今週末もまたスモークしてやろうかな。

麻婆豆腐弁当

スープジャーなら熱々麻婆豆腐も持っていけます。見た目もちょっとあれなんですが、甜麺醤も入れ忘れたと言うオチ。。。ご飯は500ccのスープジャーに入れて出先でも熱々ピリ辛麻婆丼をいただけます。ネギはやっぱり白髪ねぎにして後から付け加えた方が歯ごたえもあるので良いのかもしれませんね。

お弁当革命

お弁当はもう10年以上作ってきてたのですが、ここ最近私のお弁道に革命が起こりました。すでにこのブログでも投稿しているのですがアレのためです。

ここ数年は韮崎駅近くのホームセンターで入手したこの弁当箱を使っていました。サイズも手頃ですし、いい感じで収まるシリコンカップもあったので4品目10食材を条件に作ってきました。

しかしながら今年に入ってThermosのスープジャーを入手して今までのお弁道が一気に変わることになりました。私の中でタブーとされていたことがこれによって排除されたってことです。温い物、汁物。これらを持参できることによって大きく私のお弁道が変わった次第です。

(さらに…)

カレー弁当

今回のカレーは横浜舶来亭のBLACK辛口。前日にシャトルシェフで調理して一晩寝かして再加熱してスープジャーに投入。個人的にはもっと刺激的でもいいと思うけど。卵いい感じで固まる思ったのですが昼食時にもあんまり固まってなかったと言うオチ。底に沈めてた方がよかったのかもしれないです。

おでんは世界

やっぱり寒い時にはおでん。ここ数年ほんとハマってます。おでんはいろんな意味で興味深いです。普通の鍋料理とは違って、出汁は具材によって深みを増しますよね。今回は豚バラ肉を炊いたスープをベースに昆布と荒削りカツオの出汁を使って仕上げています。後はいろんな具材の味が混ざり合ってまさに世界な感じです。余った出汁は次回に回すもよし、別の料理にも使うもよしですよね。と言うことでラーメンスープとして使って見ました。具が余ったら翌日のお弁当にも使えるってなんて重宝する料理ですよ。マジで。大根を炊くのもおでん自体も調理はThermosのシャトルシェフを使っています。シャトルシェフの話はまた別途いたします。